1. 無料アクセス解析
電脳快適生活
サイバースペースへようこそ
カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

いろいろランキング







スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
VAIO type R
type Rがデザインを一新して登場。ソニースタイルなら、デュアルコアのインテルPentium D 840(3.20GHz)に加え、2GBメモリー、2TB HDDと、VAIO最高峰のスペックが選べます。

VAIO type Rは、冷却性能と静音性を追求した新設計の筐体とヒートパイプ式CPUヒートシンクを採用したハイエンドデスクトップPC。

 本製品の筐体は、光学ドライブが収納される上部と、そのほかのパーツが収納される下部に分離された構成となっており、その間は、側面が完全な吹き抜けとなった通風口が設けられる。

 CPUヒートシンクから伸びるヒートパイプは、本体上部後方に設置されたラジエータにつながっており、吹き抜け部から吸気した外気をそのまま背面へ排気する仕組み。これにより、CPUから発生する熱の影響が筐体内部に及ぶことを防げる。同社では、水冷並みの冷却効率としている。

また、吹き抜け部は、指をかけて本体を持ち上げることができるほか、指一本で側面のカバーを開けられるなど、メンテナンス性も配慮されている。

 システム構成面では、全モデルでDVD+R 2層記録に対応したDVD±R/RWドライブと、ハードウェアMPEG-2エンコーダ付きTVチューナを搭載。下位モデルでは「Premiere Standard」を、上位モデルでは「Premiere Pro」と、キーボードと同一デザインのジョグコントローラが付属するなど、映像編集を強く意識した構成となっている。

 最上位となる「VGC-RA70P」は、メモリ1GB(DDR2-533 512MB×2)、シリアルATA HDD 500GB(250GB×2、RAID 0)、セカンドDVD-ROMドライブ、DV・アナログ変換機能、FDD、Intel High Definition Audio、Windows XP Professionalを搭載。CPU、ビデオカード、チップセットは非公開。

 中位の「VGC-RA60」は、メモリ512MB(DDR2-533 256MB×2)、シリアルATA HDD 250GB、セカンドDVD-ROMドライブ、DV・アナログ変換機能、FDD、Intel High Definition Audio、Windows XP Home Editionを搭載。CPU、ビデオカード、チップセットは非公開。

 最下位の「VGC-RA50」は、Pentium 4 3.20E GHz、メモリ512MB(DDR400 256MB×2)、Ultra ATA/100 HDD 200GB、GeForce FX 5200、Intel 865PEチップセットFDD、AC'97 Audio、Windows XP Home Editionを搭載。

 各機種とも、液晶ディスプレイがセットになったモデルも用意される。セットとなるディスプレイは、VGC-RA70Pのみ19型で他機種は17型。

 インターフェイスの仕様はほぼ共通で、USB 2.0×7、IEEE 1394×2(6ピン、4ピン各1)、Gigabit Ethernet、メモリースティック/Duo PROスロット、Type2 CFスロット、xd-Picture Cardスロット、SDカード/MMC兼用スロット、Type2 PCカードスロット、S/PDIF出力、パラレルポート、D-Sub15ピン、DVIなどを装備。

 本体サイズは約188×402×410mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約14.5~16kg。5W+5Wのステレオスピーカ、リモコンなどが付属する。


VAIO type R
スポンサーサイト

テーマ:パソコン選び - ジャンル:コンピュータ

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cyberspacelife.blog39.fc2.com/tb.php/23-4084da27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。