1. 無料アクセス解析
電脳快適生活
サイバースペースへようこそ
カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

いろいろランキング







スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
Canon PIXUS MP950
3.6型TFT液晶モニタ搭載。オールインワンのフラッグシップモデル
ピクサスなら、かけがえない思い出を、美しい写真プリントで残せる。その決め手となるのが最小1plの極小インク滴の吐出を実現した高密度プリントヘッド技術「FINE」。この1plの極小インク滴の吐出に成功し、最高解像度9600×2400dpiを実現した。そして、6色の染料インク、人が好ましいと感じる色合いを追求した独自の画像処理技術「キヤノンデジタルフォトカラー」とあいまって、鮮やかな発色、緻密さ、滑らかな階調、立体感のある上質な写真プリントを提供する。さらに合計3584本の多ノズルヘッドで、スピーディな写真プリントも可能にした。また、染料と顔料の2つのブラックインクにより、写真はもちろん、文字も美しく仕上げる。ピクサスは、美しさと速さを実現するために、ミクロの世界からお応えする。

見やすい3.6型大型TFTモニタ+簡単操作パネル
折りたたみ式の3.6型大型カラー液晶モニタを採用し、すっきりとしたデザインに仕上げた。大型モニタだから、デジタルカメラで撮影した画像はもちろん、スキャナで取り込んだ紙焼き写真も、はっきりと表示。モニタを見ながら、用紙の選択、画像補正、トリミング、スライドショーなどの設定がスムーズに行える。操作パネルも使いやすく配置され、大きくて押しやすいボタンを採用した。これなら、パソコンを使わなくても、いろいろなことが手軽に楽しめる。作業を終え液晶モニタを閉じると、ピクサス本体にすっきり収納できる。

効率よくプリントできる、多彩なマルチペーパーハンドリング
前面給紙カセットを標準で搭載。オートシートフィーダを広げられない場所では、この給紙カセットだけを使えば、壁面にぴったり設置でき、スペースを有効に活用できる。また、給紙の切替えは、給紙選択ボタンを押すだけでかんたんに切替えられる(パソコンからも可)。また、オートシートフィーダ&前面給紙カセットを併用した2Way給紙では、さらに効率のよいプリントワークが行える。さらに、普通紙はもちろん、はがきや写真用紙に対応した自動両面ユニットを標準搭載した。オートシートフィーダと前面給紙カセットの両方から自動両面プリントが行える。

カメラもカードもケータイも、充実ダイレクトプリント
ダイレクトプリントの業界標準規格PictBridge対応機種であれば、メーカーを問わずピクサスから直接プリントできる。また、さまざまな種類のメモリカードに対応しているので、ほとんどのデジタルカメラやカメラ付き携帯電話で撮影したメモリカードが利用可能。パソコンからメモリカードへの書き込みも可能。さらに、カメラ付き携帯電話からも、ワイヤレスプリント「プリントビーム」ができる。

3200dpiの高解像度スキャナ
スキャナ専用機に迫る3200dpiの高解像度CCDフラットベッドスキャナを搭載。フィルムはもちろん、紙焼き写真や雑誌などの反射原稿も、高精細にスキャニングにできる。また、35mmフィルム(ネガ/ポジ)フィルムのスキャニングに対応。スリーブ状態で最大12コマの連続スキャニングが可能。フィルムをデータ化することで、保存性を高められ、また、いつでも手軽にプリントすることができる。また、読み取り時に褪色補正、粒状感低減、逆光補正、輪郭強調も可能。

キレイ、かしこい「かんたん写真コピー」
写真も忠実に美しくコピーできる。原稿台に紙焼き写真を載せ、ボタンを押すだけでかんたんに写真コピーができる。さらに「複数原稿の自動切り出し機能+傾き自動補正機能」によって、効率よく写真を焼き増しコピーできる。

価格: ¥42,500 (税込)
B000BLDT1KCanon PIXUS MP950

キヤノン 2005-10-05
おすすめ平均


スポンサーサイト

テーマ:周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cyberspacelife.blog39.fc2.com/tb.php/31-5cd808dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。